体験情報

やる事が多すぎるので、その中でも特に大変なことだけを紹介します!

人生で一度くらい引越しの経験をする人がほとんどだと思います。

 

 

結婚や転勤、就職など様々な転機で引越しをする場合が多いと思うのですが、引越しはお金もかかるし、作業も大変だし人生の中であまりたくさんしたくはありません。

 

 

引越しのなかで何が大変なのかを先に知っておけば、あとあと面倒と思う事も無くなります。

 

まずは、荷物の梱包がすごく大変でした。

 

家にある荷物を全部ダンボールに入れて持ち運ばないといけないので、すごく大変です。

 

引越し業者の中には梱包もひっくるめてサービスしてくれるところもありますが、やはり金額が高くなってしまうので、梱包は全部自分でやりましたが、1人ではなかったためすごく大変だった記憶があります。

 

また、住所変更の手続きや各種手続きも面倒で、手続きは役所に行かなければいけないことがほとんどなので、仕事をしている人は特に大変だと思います。

 

そして、粗大ごみの処分も大変でした。

 

引っ越すといらなくなったものが必ず1つはでるので、それを処分するのが大変でした。

 

大きなものはお金を払って処分しないといけないので、引越しの際に捨てる事が多かったので特に大変だと感じられました。

 

また、引っ越した後も電化製品や足りないものを買い足す事や家の片付けで2か月くらいはバタバタした状態が続きます。

 

人生で大きな引越しは一度しかないのですが、引越しはすごくパワーのいる作業だと感じました。

 

このような経験から引っ越す事がある人はいらない物の処分などは引越しをするときについでにするのではなくて、日頃から捨てておくと、引越しをしたときに仕事が減るのでオススメします。

サイエンサー (Author)